法律資格のランキング

法律・資格 難易度ランキング

 

 

法律の資格難易度ランキングです。

 

 

※法律系資格の数が多いので、法学部になじみの深い法律系の資格のみに絞って難易度ランキングをつけています。

 

 

 

弁護士

 

法律系の資格の中で一番、難易度が高いのは弁護士です。法律界トップの司法試験を通過しなければならないので、弁護士になるのは超難しいです。

 

同様に、裁判官と検察官も、司法試験を通らなければなることができないので、実質の法律資格・難易度、1位は、弁護士、裁判官、検察官と言うことになりますね。

 

 

 

司法書士

 

2位は司法書士です。合格率3%台。司法書士は登記に関する、仕事をしている人ですね。法律系の資格では、弁護士に続く難関資格です。弁護士をあきらめた人達や、上位法学部の優秀な学生が試験に参加しているので、難易度が上がります。

 

 

弁理士・税理士

 

 

法律資格・難易度ランキング3位は、弁理士と税理士。

 

弁理士

 

弁理士は、特許や、商標登録に関する仕事をしている人ですね。これは理系の弁護士と呼ばれています。ほとんど受験者が理系出身らしいので。合格率は5%台。

 

税理士

 

税金の関係をプロとしている人達です。合格率は比較的高く10%台ですが、、試験自体が難しいので、難易度が高いとみられているようです。

 

 

社会保険労務士

 

社会保険労務士は、労働関係の法律を仕事にしている人達です。合格率は、7%台。ランキング5位の行政書士と悩みましたが、こちらの方が勉強量も多く必要で、行政書士より少し難易度が高いと思います。

 

 

行政書士

 

行政書士は、市役所に届ける書類なんかを作ったりする人です。有名どころでは車の車庫証明や、外国人のビザなんかの仕事ですね。法律系資格の登竜門。近年急激に難易度が増し、合格率は、7%台。

 

 

 

☆法律系の資格はどれも難易度がある程度あるので、大変ですね(^_^;)