三権分立の基礎

三権分立〜法学部基礎

 

 

 

三権分立は法学部生なら知っていて当たりまえのことなので、確実に、三権分立の内容を理解しておきましょう。

 

 

※わかりやすく、なるべく簡単に話します。

 

 

三権分立〜法学部基礎

 

 

三権分立=三つの権力を、分散させる

 

です。

 

で、この三権分立の3つの権力は、法律を作る力(立法権)・法律を使って政治を行う(行政)・法を判断する力(司法権)ということになります。

 

 

日本でいうと、法を作る力=国会、法律を使う力=行政、人を裁く力=裁判所、ですね。

 

 

 

 

昔の絶対王政(王様が絶大な権力を持っていた時)というのは、法を作る・法律を使う、法を判断する力、3つとも、すべて王様に集中していました。

 

 

つまり、王様が法律を作り、それを使って国をおさめて、人を裁く。

 

→王様にすべての権力が集中しているので、好き勝手にやっても誰も逆らえないという状態になってしまう。王様が良い人ならいいですが、人はそんなうまくできてないですね。好き勝手やります。

 

 

王様に好き勝手やられたら国民は困りますよね。そこで三権分立です。

 

 

3つの権力を分けて、お互いに抑制し合えばOkじゃん。byモンテスキュー

 

 

で、日本だと、法を作る力=国会、法を使う力=内閣、法を判断する=裁判所なので、下の図みたいな三権分立になります。

 

 

三権分立〜法学部基礎

 

 

 

日本版・三権分立の出来上がりです。

 

 

この関係を保ち、基本的に、お互いがお互いの領域に、深く干渉しないようにすると同時にお互いの力を抑制し合います。

 

 

これで権力の暴走を防げますね。三権分立はすごい。