96条改正に賛成?反対?

憲法96条改正議論

 

 

 

法学部で、話を聞くであろう、憲法96条の改正議論について整理してみます。

 

 

 

憲法96条・改正議論

 

 

まずは、条文を見てみましょう。

 

 

憲法96条・条文

 

「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」

 

 

「憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」

 

 

論点

 

現在の憲法96条では、憲法の改正には、両議院の、3分の2以上の賛成が必要となっています。改正案は、この憲法改正要件を、3分の2から、2分の1以上に引き下げようという動きですね。

 

 

日本では、3分の2がハードルになって、戦後、憲法の改正が1度も行われていない事実がありますし、特に憲法9条は改正の必要性が高いので、このまま改正がされないのは、まずいという意見も多いです。

 

 

そこで、改正ができないなら、改正要件をまず変えてしまえばよいという狙いですね。

 

 

例えていえば、「試験がうまくできないなら、試験のルール自体を変えてしまえば良い」という発想に近いと思います。

 

 

改正の手続きのポイントは、1、両議院の3分の2の賛成、2、国民の過半数の賛成です。

 

 

さあ、この96条の改正、賛成・反対、さまざまな意見が飛び交っています。両方の意見を見てみたいと思います。

 

 

賛成派

 

 

憲法9条の改正がうまくいかないから、改正要件を下げるべき

 

憲法9条(平和主義)は、長い間、改正の必要があるといわれており、自衛隊の保持を条文でしっかり認めるべきだ、という意見が多いです。

 

しかし、この改正要件の3分の2がハードルになっており、なかなか、実現に至っていないので、「改正要件自体を下げてとっとと改正すべき」という意見です。

 

 

9条をめぐる、96条改正の必要性は、この議論の、最も大きな争点といえるでしょう。

 

 

外国の例を見習うべき

 

外国では、憲法の改正が何度も行われています。それに対し、日本では憲法の改正が一度も行われていないので、改正要件を下げることによって、どんどん憲法改正をしていくべきだという意見ですね。

 

 

国民の声を聞くべき

 

3分の2がハードルになっているので、国民投票にたどり着いたことは、いまだありません。もっと国民の声に耳を傾けるべきだという意見です。実際に、国民投票法と言う法律が施行されたので、その意識は高まっているといえます。

 

 

 

反対派

 

日本の憲法は硬性憲法

 

硬性憲法というのは、改正がしづらい憲法ということです。戦争の反省から、憲法の改正を慎重に行うべきだとして、憲法の改正要件が設定されているのに、96条の改正は硬性憲法を台無しにするものだという意見です。

 

 

近代立憲主義から見てよくない

 

近代立憲主義=憲法は国家を縛るもの

 

という考えです。憲法は国家を縛るためのものであるのに、改正要件を下げるということは、権力の暴走につながる可能性が高いので、ありえないということですね。僕もこの意見に賛成です。

 

 

外国は、正規の手続きで、憲法改正を行っている

 

外国では、憲法改正がたくさん行われているといっても、どの国も、ちゃんと、改正要件にのっとって行われているのだから、日本もその姿勢を見習うべきだという意見です。

 

 

一時の国民感情に煽られる

 

これはどういうことかというと、戦前のナチスは国民の支持によってできた政府でした。つまり、国民にも間違いはある、一時の感情で流されることはある。

 

改正要件を3分の2から、過半数に引き下げると、戦前のナチスと同じ状況になる可能性も否定できない、という意見です。

 

 

憲法全体の改正がしやすくなるのはありえない

 

もちろんこの意見も出ますね。もし、改正案が通ると、、緩い改正要件なので、全部の憲法の条文がとても改正しやすくなる。こうなると、国家を縛るための憲法から、国家が自由に使うためのものに憲法がなってしまうという意見です。

 

これは鋭い意見だと思います。96条改正の狙いは、憲法9条にあるのではなく、憲法全体に手を入れやすくするため、国家の思い通りにするためというのが、本当の狙いでは?という指摘です。

 

 

 

 

まとめ

 

96改正については、反対・慎重を求める声が大きいようです。また、96条の根底には、憲法9条の問題がついてまわるので、9条に関する知識をつけるとより理解が深まると思います。